ゴルフ会員権売買仲介 購入・売却・買換のご相談お待ちしております。古き良きコースへホリデーゴルフがご案内致します。
  安い・早い・わかりやすい!

よくある質問(Q&A) | ホリデーゴルフサポートシステムお問い合わせ先

  ホリデーゴルフ 会社案内 お問い合わせ 電話でのお問い合わせ先
ゴルフ会員権検索 厳選30コース おすすめコース 法人のご案内 会社案内 お問い合わせ
  最新ニュース 週刊経済トレンド  

ゴルフ会員権基礎知識

会員権とはなにか

会員権とは、ゴルフクラブの会員となった人に保証される「権利」である。コースの優先的利用権がある、クラブ運営に参加して理想的なクラブライフのために一票を行使できる、ゴルフの病いが昂じた向きには関東・関西アマ、日本アマにも出場できる…など、会員制クラブならどのクラブにも共通するおなじみの権利と、クラブの形態によって大きく異なる権利とがある。
会員制クラブには、社団法人制、株主会員制、預託金制の3種類があるが、主な権利の相違点は次の通りである。

1.社団法人制

・会員権の譲渡に厳しい制約がある。
・利潤追求を目的とした会員権売買は禁止されている。

社団法人制ゴルフクラブとは、ゴルフと体育振興を目的として設立された団体で、霞ヶ関、我孫子、西宮、宝塚など名門といわれるコースが多い。しかし利潤追求を目的としない公益法人なので、会員権は「一代限り」または直系継承で譲渡不可のところが多い。
鷹之台、西宮のように、会員権の権利を譲渡できるようにしている社団法人もあるが、一代限りの会員権が多い。
名誉会員権といった色彩が濃いゴルフ会員権である。

2.株主会員権

・クラブ(会社)の経営に参加する権利がある。
・クラブ(会社)の持つ資産について分配を受ける権利がある。(受益権)

株主会員制クラブとは、クラブが決めた入会に必要な金額を、株式として出資する形態である。
会員の株の持ち方は、小金井カントリークラブのように全会員一株平等制もあれば、特定のグループが株の大半を持ち、他の一般会員には一部の株式しか割り当てないクラブもある。
会員は株主としてクラブ(会社)の経営に参加でき、また、資産について権利の主張ができる。クラブが解散となる場合、全資産を持株比で分配を受ける権利があり、これを受益権という。
ちなみに小金井CCは、昭和10年に500円の株を500人が平等に買って作った会社だが、仮に解散の場合、資産約300億円として(用地約15万坪・地価坪約200万とすると)、株主一人当りの分配金は単純計算で約6億となる。
株主会員制クラブの相場があがるのは、このように資産と権利についての評価があるからである。

3.預託金制クラブ


・預託金返還請求権がある。
・クラブ運営には参加できるが経営にはタッチできない。
・会員権は市場性と流通性がある。

預託金制クラブとは、一定の金額をクラブ(会社)に預けて会員となる方式である。会社は会員の預託金を資金としてコースを造る。預けた金は無利子で一定期間据え置かれ、据置期間後に退会する場合、預託金返還請求権があり、会社は返還する義務を有する。
会員は会社経営にタッチする権利はない。理事会が据置期間の延長を決めたり、平日会員の土曜プレー不可を決議したりしてよく問題になっているが、これらの行為は法的に無効である。会員の債権・債務やプレーの権利は、会社と会員の個々の契約であって理事会の出る幕ではないのである。
ビジターとり入れのサジ加減も経営者の権限なので、預託金制クラブでは経営姿勢を見極めることが肝心なのである。
会員権は一部例外もあるが譲渡可である。預託制会員権は流通性と市場性に富んでいるから、会員の最大の権利はプレーとマネーゲームの両方を楽しめることにあるといえる。

〜正会員と平日会員〜

預託金制クラブにおける会員制度だが、正会員と平日会員は会員としての権利、預託金返還請求権、ゴルフ場の優先的利用権などの法的権利に関しては全く変わらない。しかしゴルフ場利用日が平日の名の通り月曜〜土曜、あるいは月曜〜金曜(クラブの規約による)とされること、委員や理事になる資格がなく、したがってクラブ運営参加権がないこと、月例競技やクラブ選挙に参加できないこと(平日会員対象の競技のみ参加できる)、などの制約事項がある。
また、会員権の流通性、市場性も正会員権に比べてグンと落ち、したがって財産価値もその分低くなる。但し土曜プレー可のコースは流通性があり相場も高い。
ちなみに平日会員権の値段は土曜のプレー可なら正会員の55〜65%、金曜までなら40〜45%というのが一般的な相場である。
総じて平日会員権は、デパート、スーパーなど平日しか休めない人や、勤めをしていない主婦、あるいはクラブライフは二の次でゴルフさえやれればよいとする人など、あくまでもプレーを主体と考える人たちを対象とする会員権である。

〜法人会員〜

法人会員権とは、企業が取引先との接待用や会社の財産として、買う会員権である。法人会員権には「記名式」と「無記名式」の2種類があるが、現在はほとんど記名式である。無記名式では正体不明の会員が出入りし、コースの価値が下がるという判断からである。
記名式の内容はゴルフ場によって異なり記名1名式、記名2名式、記名10名式、あるいは記名1名無記名1名といった衷中方式まであるが、一般的には記名2名式が多い。記名式の場合は、券面に記された本人しか利用できない。
法人会員権の金額は記名2名式なら個人正会員2名分、記名3名式なら3名分の金額と,記名人の数に比例している。
入会資格審査は、会社そのものの資格と、記名者個人の資格が対象となる。個人資格は個人正会員になる場合と同等の審査がなされる。
関東地方には法人会員オンリーのゴルフ場が、セブンハンドレッドC、よみうりGC、キングフィールズGC、千代田CCなど、関西・中部地方には、チェリーヒルズGC、浜島CC、富士カントリー塩河C、などがある。

ページの先頭へ

ご不明な点などお電話、またはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

サポートダイヤル : 03-3280-4580

お問い合わせ

入会条件

新設コースに入会するときは入会条件はそんなにきびしいものではない。しかし既設コースでは、各コースが定める入会資格を備え、また入会審査をパスしなければならない。一口に入会資格、審査といっても、その基準はピンからキリまである。
資格・条件の内容は、国籍、性別、年齢を問うことからはじまって、1ヶ所あるいは2ヶ所以上のJGA加盟、KGA加盟コースの在籍の有無、1人あるいは2人以上の該当コース会員の推薦、オフィシャルハンディキャップ証明、などだが、名門クラブ、上位クラブになるにしたがって資格・条件はきびしくなる。年齢制限は35才以上がもっとも多い。武蔵CCのようにJGA加盟コース2ヶ所以上の会員権所有者とするクラブもある。
一定の年齢に達し初めてホームコースを持ちたいと願う人にとって、このJGA加盟コース在籍の条件は最大のネックとなる。そのため、条件をととのえるために、先ずJGA加盟の安いコースに入会してハンディキャップをとり、しかるのちお目当てのコースに入会申し込みをするという、ご苦労な回り道をする人もいるほどだ。
入会審査はコースにより異なり、ハウス内に申込者の顔写真入りの経歴書を一定期間張りだして、会員からの異議の有無を問うところや、理事の面接、さらに理事が本人と同伴プレーをして人柄やマナーを観察するクラブもある。
資格、条件についての、ご相談も承っております。

あなたが会員権を購入するとき、どんな目的で、またどんな物差しで選んだら良いか?ここでは、純粋にプレーを目的とする人の会員権に焦点を合わせて、選び方のポイントを研究してみよう。

自分の物差しで、優良銘柄を探そう!

東京に近くて、会員数が少なくて、会員層がハイクラスでコース内容も良い。このようなゴルフ場は、会員権の価格が高い。逆に低額コースはそれなりの内容である。また首都圏のゴルフ場で、1〜2年以上市場で売買されている会員権の価格はこなれており、「これは掘り出し物!」と都合の良いものは中々ない。
掘り出し物がなければ、予算限界内で自分のニーズにできるだけ合った…我慢できる所はできるだけ我慢して…ゴルフ場を根気良く研究する以外にない。一方、予算を別にすれば、ゴルフ場選びの主要な要素は、

(1)、場所 (距離と時間) 
(2)、スタートの取りやすさ(会員数と経営姿勢)
(3)、コースの特徴

の3点である。まずはこの3点から分析してみよう。

1.場所 (距離と時間)

<交通ごとの確認事項>

電車利用主体でゴルフに行く方は、自宅からの所要時間はほぼ機械的に計れるので、何分かかるかは算出すればすむ。ただし最寄り駅からゴルフ場までクラブバスが出ているかどうか、タクシー利用となるといくらかかるのか、そのあたりはっきりと確認しておきたい。
車を利用する場合は所要時間の算出が難しい。シーズン・曜日・時刻によって混雑度は変わるし、ルートの取り方によっては渋滞を避けることもできる。早朝の都心出発はスムーズでも、帰りが渋滞に巻き込まれるケースもある。

<ゴルフ場までの早道ルート>

渋滞に巻き込まれないためにも、まず自宅から最もうまいルートを使ったとして、どの高速道路に一番早く乗れるか。帰りの出口の渋滞を前提として、1つまたは、2つ手前の出口から降りて、一般道路のどのルートを取れば早いのか。この点を充分研究したい。
高速道路の降口についても、例えば東名高速の御殿場I・C、この高速道路は春から秋まで通して、土・日・祝日は早朝から出口が渋滞する。料金所まであと数百メートルが1時間以上かかることも珍しくない。また、帰り(夕方)の入口はもっと混雑する。当然のことながら、多少回り道になっても早道ルートを走行すればずっと早いし、裾野I・Cを利用した方が早い時もある。
ほかにも、東名高速では、沼津I・Cの入口、東北自動車道では宇都宮I・C、中央自動車道では河口湖I・C、関越自動車道では高崎I・C、藤岡I・C、京葉道路では千葉南I・Cが同様である。
各高速道路とも、東京から25km圏内に入ればほぼ慢性渋滞だが、この渋滞から逃げやすいのが常磐自動車道である。東北自動車道の合流で小菅I・C周辺の渋滞が激しくなったが、手前の三郷I・C、加平ランプで降りれば、都心に入る早道ルートがある.
このように道路状況はさまざまなので、充分に検討の上、どの方面のゴルフ場を選択するかをまず決めたいものである。

<地域による価格格差>

東京からの距離・時間、会員数、経営内容、コースの善し悪し等の諸要素は別にして、会員権価格には、地域(県別)による格差があり、同一内容のゴルフ場でも高い県と割安な県がある。
参考までにご紹介すると、静岡県を100とすると(静岡県内のゴルフ場の会員権を100万円で買えるとすると)、埼玉県111、千葉県115、神奈川県175、茨城県91くらいという。山梨県、群馬県、栃木県はそれぞれ80〜60以下である。ちなみに東京は280以上と飛び抜けて高い。コース数が少ないことと、勲章的プラスアルファの不可価値を持つ超高額コースが並んでいることが大きい要因としてあげられよう。

2.スタートの取りやすさ

ビジターを会員の紹介だけで入れる経営重視のコースもあるため、会員数が少ないほどスタートは取りやすいとは限らない。土曜プレーの可の平日(週日)会員数の多い所も注意が必要である。つまり会員数とビジターの制限の程度の相関関係によってスタートの取りやすさは決まる。
また自分が一人でプレーすることで十分であるとか、友人なり、接待でなり1組以上でのプレーを重視するかでも、選び方は違ってくる。一人で出かけてのプレーが中心であれば、会員数は多めでも、メンバーのスタート枠をしっかりと用意してあるコースであればよい。正会員1200名以上、平日会員が200名以上で、土曜プレー不可、土・日のメンバーの専用スタート枠が5組以上、同じくビジターは会員同伴で1組まで、といった所が模範的な経営姿勢ではないだろうか。
要は表面的な会員数ではなく、経営姿勢を見極めた上で自分に合ったコースを選ぶことが肝心なのである。

3.コースの特徴

コースについて検討する前に、まず自分の腕を謙虚に見なおしたい。またホームコースとして長く付き合っていくのなら、ゴルフはゲームなのか、スポーツなのか、接待がらみの一部なのか、ぜひ一度真剣に考えておきたいもの。
シングルを目標に、ゴルフに打ち込もうという方は、距離が長くコースレートの高いコースを選びたい。コースがあなたの腕を磨くからだ。飛距離はでなくとも、小技の冴えを若者に見せつけようという方は、距離短めのトリッキーなコースが有利である。また接待中心ならば、難しさはほどほどで豪華なコースが良いだろう。一般的にいってコース内容の良いゴルフ場は経営姿勢も良い所が多いので、高額であることが多い。が、こまめに探せば比較的自分に合ったコースを見つけることも可能である。

<優先順位の検討>

コース選びの基準には、クラブライフ、施設・設備、グリーンフィ、年会費、レストランの料理など、様々な要素が入る。そのへんの事柄も、前もって視察プレーで確認しておきたい。
会員権選びは、つまるところ予算との相談に尽きる。述べてきた3大要素のうち、どれを我慢するかを、本誌のコースガイドを参考に検討していきたいものである。

ページの先頭へ

ご不明な点などお電話、またはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

サポートダイヤル : 03-3280-4580

お問い合わせ

会員権の法律と税金

<会員権は資産>

相場が下落して、資産としての評価は下がっているが、不動産の裏づけがある以上、まんざら捨てたものではない。
見方によってはチャンスとも言える。

<有価証券ではない>

会員権は、株式、手形、小切手のような有価証券ではない。
会員とゴルフ場との間だけに有効な権利証書だから、権利が譲渡されない限り第三者が取得しても(拾っても)有効ではない。
税法上は分離課税ではなく総合所得課税の対象となる。
刑法上は有価証券類として扱われており、また、会員権市場では有価証券と同等のものとして流通しているのが実態である。

<預託金の償還>

預託金制クラブの場合、預託金の据置期間が満期になり、会員から返還請求があった場合、クラブ(会社)は預り金を返さなくてはならない。しかし、経営が軌道にのらず返す金がない。しかたなく、お手上げとなる。
最近の大手経営会社まで含んだ、会社更生法、民事再生法、破産、身売りなどの動きとなっている。
購入する場合は、経営会社を良く調べる必要があるということ。

<名義変更(名変)>

名変とは会員権の譲渡手続きにより、権利人の名義が譲受人に移転することである。
クラブによって名変が認められない会員権もあるが、市場に流通しない場合は相場もたたず、資産価値が見込めない。
会員権は流通によって市場価値が生まれ、担保価値もでてくる。良心的なクラブはやたら名変停止をしないものである。

<念書売買>

念書売買とは手形でいうと期日前の割引である。急に物入りになったが、据置期間中は償還されない、名変停止中なので正規に売買もできない、そこへたまたま欲しいという人が現れた、この場合2人は念書を交して売買することができるという寸法。
念書は「名変開始の際は印鑑証明など必要書類を提出します」という慣例の書式になっている。売買価格は普通、名変開始後の予想相場の70〜80%。 需要と供給がピッタリ一致し双方ともメデタシメデタシで終わることも多い。
しかし手形取引と同じようにリスクもあり事故もある。問題は売り手と買い手双方の信用度だ。売り手を疑ってかかれば、念書に添付した印鑑証明を廃印にし、かたやコースには会員権の紛失届を出し、新しい印鑑証明で会員権を再発行してもらうという巧妙な詐欺も可能だ。
一方、会員権業者に売りを依託する場合も危険がいっぱいだ。その業者が借金の担保として金融業のオニイさんに会員権を渡してしまうことだってあり得る。売り手の印鑑証明がついているだけにいくらでも悪用できる。
その他に不測の事故もある。「名変開始の際は」という約束を前提に行うのが念書売買だが、名変開始が必ずあるという保証はどこにもない。
ことに厄介なのは、売り手がいつの間か行方不明や死んでしまったりするケースだ。思わぬ事故などで死亡した場合、これまでの例からいって相続人とのトラブルは覚悟しておかなければならない。
念書は法的に有効だが、現在の相続は遺族全員の印鑑証明が必要となっており、スッタモンダの一幕が必ずあることになっている。
それでもそのコースが欲しい場合、

・名変開始期日をコースに確認する。
・名義書換えに印鑑証明が必要か調べる(届出印だけでよいのなら大きなトラブルは避けられる)。
・入会資格・条件に変更がないか確認する。
・コース側に念書売買で会員権を買ったむね内容証明を送っておく。

せめてこの4点だけはやっておきたい。

<会員権売買の税金>

譲渡益の場合

1.短期譲渡の場合(所有期間5年以内)
売却金額 - (取得費 + 譲渡費用) -50万円(特別控除)
=課税される金額

2.長期譲渡の場合(所有期間5年超)
売却金額 - (取得費 + 譲渡費用) -50万円(特別控除) ×1/2
=課税される金額

会員権の譲渡益には税金がかかる。利益は売却代金マイナス(取得費+名変料+手数料)で計算する。ここから更に控除額50万円を差し引いた額が課税対象となる。*取得費は、(買入代金+取得時の手数料)。税金はこの譲渡益と、他の所得を合わせた額(総合所得)に、累進税率を掛けて算出する。所得税の他に住民税も課税される。
会員権売買で注意したいのは、買って5年以内に売る場合と5年後に売る場合とでは、前者の税額が後者の倍以上になるので、売るなら5年以降にする方が賢明である。

譲渡損の場合

売却の翌年、確定申告にて損益通算が可能。
所得税、翌年の住民税の軽減となります。)

例えば年間所得800万円の人が会員権で100万の譲渡損をだしたら、800万マイナス100万=700万円に所得税率を掛ければよい。但し譲渡益のとき認められていた50万円の控除額は譲渡損では認められない。


●税金シミュレーション

ページの先頭へ

ご不明な点などお電話、またはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

サポートダイヤル : 03-3280-4580

お問い合わせ

Copyright Holiday Inc. All Rights Reserved.
サービスのご提案 プライバシーポリシー お問い合わせ サイトマップ サイトマップ